二人で手作りリングを関東で作って一生の記念に

投稿者:

ジュエリーショップに並ぶ様々な結婚指輪から選ぶのも良いですが、思い切って関東で手作りリングを作るという選択肢もあります。
手作りリングには原型を作って金属を流し込む方法と、実際に金属に触れて作る方法があって、どちらも二人にとって良い体験をさせてくれます。
また、そうした制作の様子をビデオ撮影したものを披露宴の演出に利用するできることも、関東で手作りリングを二人で作ることをおすすめする理由です。

それから最近では関東をはじめとして全国的に、二人で手作りリングが作れるショップや工房も多くなっていますし、気軽に参加できる体験コースを用意しているところも少なくないです。
このように手軽に作れる環境が整っていることもおすすめ理由のひとつです。
ただ二人で手作りするということに対して、不安を感じてしまう方も多いでしょうから、どのような雰囲気でリングを作るのかを紹介しておきます。

比較的多く行われているのは、指輪の元となる原型を考えたデザインに合わせてリング状のワックスを削り作って、それを基に鋳型を作り金属を流し込む方法です。
デザインを決めたり素材を決めたりする際には、専門のスタッフがアドバイスしてくれますし、制作時にもスタッフがサポートしてくれます。
その為、デザインを考えることが苦手でも、多少不器用な人でも何の問題なく作れるので安心です。
制作時間はショップで異なりますが、大体3~4時間程度で、そのあとの作業はショップ側が担当して、完成までの期間もショップで違いますが約2週間~1ヶ月程度です。

もうひとつ金属を二人で鍛えて作る手作りリングを作る方法もあって、実際に金属に触れながら作るので感覚がより強く得られます。
当然、こちらのスタイルもスタッフがしっかりとサポートしてくれるので、知識や経験がなくてもクオリティーの高い指輪を作ることができます。
どちらも思いが詰まった世界にひとつの結婚指輪を関東で作ることができますし、二人の共同作業となって結婚準備期間のすてきな思い出となるのでおすすめします。