関東で手作り指輪を作る際は種類を考えて

投稿者:

関東で結婚指輪を探しているカップルもいるでしょうが、お店で既製品を購入するだけではなくて、オーダーメイド指輪や手作り指輪といった種類もあります。
またオーダーメイド指輪や手作り指輪を製作するのなら、アームのデザインやマテリアルの種類を知っておくことも大切です。

ひとくちに結婚指輪と言っても実に様々なデザインのリングがあって、アームの素材やデザイン・刻印・ストーンのセッティング方法など、組み合わせによっては可能性は無限大です。
その為、まずはどのような種類があるのかを知って、二人にピッタリの結婚指輪を作ることをおすすめします。

指を通すリングの輪の部分のアームには、ストレートやウエーブなどいくつかの種類があります。
ストレートタイプは、最もシンプルでオーソドックスなデザインですが、強度や耐久性に優れていますし傷も目立たないのが特徴です。
また、関東でオーダーメイド指輪や手作り指輪を製作する際に、アームの内側に文字を刻印しやすいといったメリットもありますし、幅広にしたり細めにしたりと自由自在です。
それから、表面にメレダイヤを入れたり内側に誕生石を埋め込んだりするといったアレンジも可能です。

一方カーブが魅力のウェーブラインには、S字・V字・X字などの種類があって、指をすっきりと長く細く見せてくれる効果もあるので、特に女性には人気があります。
また、ラインに沿ってメレダイヤを散りばめるなど、様々なアレンジも可能で、男性はストレートで女性はウエーブにするカップルも少なくないです。

関東でオーダーメイド指輪や手作り指輪を製作する際には、様々な種類があるアームの素材を選ぶことも重要なポイントになります。
白色の光沢を持つプラチナは、ダイヤモンドと相性が良くて傷つきにくく、変形しにくい強度の高さが特徴です。
その為日常的に身につける結婚指輪に最適ですし、いつまでも変わらない輝きも人気の秘密です。
柔らかくて加工しやすいのがゴールドで、ホワイトゴールドやピンクゴールドなど様々な種類があります。