結婚指輪のダイヤ留め方

投稿者:

結婚指輪のダイヤ留め方

結婚指輪にはダイヤをつけたい方も多いでしょうが、そのダイヤ留め方にはいろいろなものがあります。
単純に見た目が変わりますから見た目にも影響しますし、その指輪の使いやすさにも影響します。
希望するデザインや使いやすさに応じて最適な留め方を選ぶのもおすすめです。

ダイヤ留め方にはどんなものがある?

ダイヤ付きの指輪というと、リングにかぎ爪のようなものがついており、それがダイヤを持ち上げるようについているイメージがありませんか?
婚約指輪で非常によく使われるダイヤ留め方です。
これが結婚指輪のダイヤ留め方のすべてではないのですが、希望すればこのような留め方もできます。

ただ、この方法はリングからダイヤが持ち上がっている上に、それを留める爪も鋭いため、服や糸などにひっかかりやすいというデメリットもあります。
婚約指輪では非常に人気の留め方ですが、結婚指輪では別の留め方もよく使われます。
たとえばよく使われるのはリングにダイヤを埋め込むような留め方です。
先の爪を使った留め方に比べてダイヤがやや目立ちにくくなりますが、リングに埋まっているため指にはめているとき、何かに引っかかることは少ないです。

小さいダイヤなら細身の指輪でもこのように留められますし、それぞれのダイヤは目立たなくても、全部のダイヤを合わせるときれいに輝くように見えるデザインにもなります。
リーズナブルな指輪でもよく使われるダイヤ留め方です。
リングから持ち上がるようなデザインにはならないものの、リングに埋め込んでいるというよりは、2本のリングで挟み込むようなデザインになっている留め方もあります。
これはリングの全周にダイヤを並べるエタニティリングでよく使われる留め方です。

このほかでもリングが途中で途切れており、ちょうどそこにダイヤを入れて挟み込むような留め方や、ダイヤを持ち上げるように留めるものの、爪ではなく台座を作って宝石を囲い込むような留め方などもあります。
このように結婚指輪のダイヤ留め方にもいろいろな種類がありますから、特徴や見た目を確認し、好みの種類を選ぶといいでしょう。