結婚指輪にメッセージを入れよう

投稿者:

結婚指輪のメッセージ

結婚指輪にちょっとしたメッセージを入れることも可能です。

表面に入れることも可能ですが、二人にだけわかるメッセージとしてリングの内側に入れる方が多いです。

これなら外から見えることもありませんから、遠慮なくお互いに向けた言葉を入れられるでしょう。

どんなメッセージを入れられるの?


メッセージを入れられるスペースは限られていますから、あまり長い言葉は入れられません。

イニシャルと日付だけを使って二人にだけわかるメッセージを入れるという例も多いです。

たとえば結婚記念日など二人にとって大切な日付を入れ、そのあとに二人のイニシャルを入れることで特定のメッセージを伝えられます。

単純に二人のイニシャルを並べるだけでもOKですが、もっとメッセージのようにしたいなら、誰から誰へ贈った指輪ということがわかるように入れるのもおすすめです。

たとえば「A to B」と入れると「AからBに贈った結婚指輪」というメッセージになります。

お互いの結婚指輪でイニシャルを入れ替えると、お互いに贈りあった指輪というメッセージになります。

もっと直接的なメッセージを入れることも可能です。

日本語で入れてもOKですが、ちょっとおしゃれに英語の短文を入れるのが人気ですね。

たとえば「forever love」と入れれば「永遠の愛」という結婚指輪に入れるにはぴったりのメッセージになります。

どんな文言を入れるかは自由ですが、愛の言葉を入れるケースがやはり多いですね。

定番となっている文言以外に自分でオリジナルの言葉を考えてもOKです。

ただし先にもご紹介した通り、リングのスペースの関係であまり長い言葉は入れられませんから注意してください。

メッセージを入れられるお店とは

首都の東京もある関東にはそれこそたくさんの結婚指輪のショップや工房がありますが、その多くでメッセージ等の刻印はやっていることが多いです。

ただし、どのような対応になるかはお店や工房によってかなり変わります。

料金は無料とする場合も多いですが、レーザー刻印など特定の方法は有料としていたり、刻印できる文字の種類やフォントも決まっていたりと、どんな希望も絶対に叶うわけではありません。

結婚指輪を購入したお店でよく確認してください。